一日の講習は早く終わっても疲れてしまうもの

先日、一日がかりの講習があり、わざわざ遠く離れた講習会場まで足を運んびました。
官公庁の管轄するような講習や資格試験というのは、わりとスケジュール的にしんどいものがあったりします。
講習は8時から夕方の5時までというスケジュールなのですが、よくよく考えると、普通の会社の始業時間よりかなり早いですよね。
こんなに朝早くに講習に行くということ自体が、かなりハードに感じられてしまいます。
もちろん私のように講習に参加する人もそうですが、講習の講師や会場に勤めている人はさらに早い時間に会場にいることになります。
そういう人たちは、朝が早くて大変だと感じたりすることはないのでしょうか。
講習は予定通りの時間に終わり、普段の仕事の終業よりも早い時間に解放されました。
でも、朝早いというのもあるし、見ず知らずの人が多くいる空間にいるというのも、きっと緊張して疲れるものなのでしょう。
ちょっと帰りに買い物をして帰ろうかなと思っていたのですが、終わってみるとなんだかどっぷりと疲労感を感じました。http://www.premiumreference.com/